本日 37 人 - 昨日 60 人 - 累計 94417 人
RSS

あきる野市菅生の遊休農地をお借りして野菜づくりを行っています。野菜はなるべく苗を育てるところから生産し、収穫した畑の恵みの販売を行っています。

 

中心的に作業に当たって頂いているのはNECフィールディング竹取物語のOBの皆さんです。長年お勤めになった会社をリタイアされた後、農作業を通じて社会貢献されています。


野菜を生産し、販売することで、お客様に笑顔になって頂くことはもちろんですが、手入れが大変になった土地を活かしたい地元の方、会社をリタイヤされた方、また、人がやってくることによって菅生の皆さんの笑顔にもつながることを感じています。


コロナ禍ですが、畑の作業は密を避けることができ、お買い物にいらっしゃる皆さんにも畑での販売が好評を頂いております。

多くの笑顔につながることをしっかりと心に留めて、これからも活動を続けて参ります。


 この活動は2021年度ゆうちょ エコ・コミュニケーション助成事業のご支援を頂いています。

ゆうちょ 横断幕1




4月、6月と例会を中止し、現在もイベントを企画しづらい状況が続いていますが

子どもたちへ自然遊びの楽しさを伝え続けるため、感染対策を取りながら状況に応じて実施しています。


8月のお楽しみといえば川遊び!

例年は畑に関する作業も行っていますが、今年は活動時間を短くして午前中まで。

でもゆっくり子どもたちが楽しめるように川遊びの時間をその分とりました。


子どもたちも今年は特に気合が入ります。

川に入る身支度も手際の良いこと。自分たちでどんどんやってます。

IMG_5832

川の水は少し少ないものの、手にアミを持っていざ出陣。

ガサガサと生き物のいそうな川べりを探っていきますとあちらこちらから

『小さい魚つかまえた!』『サワガニ ゲット!』と報告が入ります。

一時的に観察用の水槽に入れてみんなが見れるようしておきます。

去年までおっかなびっくり生き物をさわっていた子もすっかりベテランです。

IMG_5817IMG_5822IMG_5800IMG_5815IMG_5791

みんなでこれはなんだろうと確認して説明を受けたら川へ返します。

トンボの幼虫のヤゴも色々な種類がいました。

同じトンボなのにヤゴたちの個性豊かなこと。

サワガニも大小たくさんいました。

IMG_5821IMG_5818IMG_5802

また来年もお互い大きくなって遊ぼうね。


畑で取れたきゅうりをかじって水分補給。

大きなきゅうりもガブリ、採れたてを食べると美味しいね。


お弁当を畑で食べるも良し、そのまま帰るも良しの各自自由解散となりました。

日差しは強かったですが日陰の風は涼しく通り、外気を満喫した1日でした。


次回は10月のサツマイモ掘り。

コロナも天候も心配ですが、無事に子ども達の手で収穫ができることを願っています。






リフレッシュツアーはコロナウイルス感染拡大防止にかかる緊急事態宣言が発出されたため中止とします。
9月に秋のリフレッシュツアーを開催する予定です。

 好評を頂いているリフレッシュツアーは里山体験や雑木林のお散歩で気軽に里山を楽しめる企画です。今年度は春と秋の2回開催を予定しています。
 春の企画の午前は、新緑の美しい雑木林を散策し、五感で命のエネルギーを感じていきます。また、午後はコラージュをいう心理学的な作業を通じて心を耕す時間を予定しています。
 親子で一日楽しめる企画です。もちろんお一人やお友達との参加も大歓迎。心も体もリフレッシュしましょう!

日 時:5月9日(日) 10時~16時 (雨天実施)
場 所:菅生交流会館(あきる野市菅生582、駐車場あり)
   (バス:秋川駅から菅生高校経由小作駅西口行菅瀬橋下車5分)
参加費:大人2000円 子ども 500円
持ち物:昼食、飲み物、雨具、ビニール袋(おみやげ用)等
   ※活動しやすい服装でお越し下さい。

★申込み
 参加者全員の氏名、住所、電話番号を問い合わせフォームよりご連絡ください。
★申込締め切り
   5月4日(火)


DSCN1307_2DSCN1314_2SS180121 (48)

自然の学校は1993年からあきる野市菅生を中心に遊びの中から里山の暮らしを見つめる活動をしています。
畑を耕し、雑木林からの恵みの堆肥を利用して育てた作物を収穫したり、雑木林の緑や川の生き物をじっくり見たり、年中行事を皆で楽しんだり、里山の生活や自然を肌で感じていきます。
人々の生活の知恵が詰まった里山の自然の中で、子ども達が体験を通じて新しい発見をしていけたら幸いです!

★年間の活動予定★
2021年
4月25日   春の里山散策、野草を味わう
6月19・20日 ホタルキャンプ
8月1日    虫探し、落ち葉だめ天地返し、川遊び
10月24日   秋の里山散策、さつまいも収穫 
12月19日   お餅つき、しめ縄飾りづくり

2022年  
2月27日   たき火、落ち葉だめづくり

IMG_5148IMG_5374IMG_5365

投稿が遅くなってしまいましたが、10月例会の様子をお伝えします。

10月例会は気持ちのよい秋晴れでした!
秋といえばサツマイモの収穫です。
ここ何年かイノシシに先に食べられてしまい、ほとんど収穫できていませんでしたが今年は豊作でした!軟らかい土を軍手をした手で掘ると丸々としたサツマイモがいくつも連なって出てきます。うわ、大きい!たくさん出てきて大変だぁ!言いながら子ども達は嬉しそう。一つ一つどんどん掘ったり、丁寧にいくつもの芋をつなげたまま掘ったり、思い思いに収穫していました。
また、シルクスイートと紅あずまという品種でしたが、植えた時期が少し違い、そのときの天候から収穫量が違いました。ちょうどよい時期に、ちょうどよく日差しや水が必要なんですね。
畑集合サツマイモ収穫4サツマイモ収穫yoko2サツマイモ収穫3sssサツマイモ収穫5

収穫の後はどんぐりの工作です。
今は小淵沢の近くに住んでいて、以前自然の学校に長く参加していたトンボリーダーからクヌギのどんぐりをいただきました。
このどんぐりで駒を作りました。どうやったらまっすぐ回るか、長く回すにはどうしたらいいか、何個も作って回り方を研究していました。子どもも大人も一生懸命に時間を忘れて楽しんでいました。
近くで拾ったコナラのどんぐりも使ってやじろべいも作っていました。
どんぐり駒ヤジロベイ

午後は久しぶりに近くの草花丘陵へ散策です。
秋の雑木林にありそうなものをフィールドビンゴで探しながら歩いて行きました。紫の実、鳥の鳴き声、とがった葉っぱ、コケ、キノコ、あちこちで秋を見つけました。時間をたっぷり取ったので、付近を探検する子ども達もいて、久々に山道をたくさん歩きました。

畑に戻ったら、収穫したサツマイモのおやつです。
畑の野菜やきのこのお土産も頂き、心も温かく帰宅しました。
おやつおみやげ

次回は12月20日(日)です。
今年は残念ながら恒例のお餅つきはやめますが、お正月飾りは作る予定です。
*新型コロナウイルス感染状況によっては変更になる場合があります。

次のページ