本日 55 人 - 昨日 48 人 - 累計 84052 人
RSS

今年は、中々夏本番が来ませんでしたが、ようやく7月28日に梅雨明け宣言。
曇空が続いたわりに、雨が降らず、渇水という珍しい(?)梅雨。
そんな中、7月24日子どもの森広場活動、元気に開催しました !

5月の活動では、食べられる野草を摘み、天ぷらにしたのですが、
よほど、天ぷらが美味しかったようで、今回集合してすぐに、
「モミジガサの天ぷら美味しかった! また食べたい!」なんて通な子どもたちの要望、嬉しいです(涙)
また来年の春、みんなで里山の恵を頂こう!

7月のテーマは、ガサガサで川の生きもの探し。
ガサガサとは、川底の石や岸辺の草を足でガサガサと揺らして、
そこに棲んでいる魚や水棲昆虫が驚いて逃げ出したところを、待ち構えてた網で捕まえる方法です。

菅生地域の里山には、ホタルも棲む鯉川という小川が流れています。
この鯉川でガサガサし、川に棲む生きものを捕まえ調べ、
川の自然の豊かさや状態を知ろう、というのが今回のテーマです。

さて、前おきが長くなりましたが、
今回の活動では、午前中に子どもの森の整備と遊び、午後から鯉川で水辺の生きものを探しました。

子どもの森では、長梅雨の影響もあり、青竹がいつのまにかニョキニョキと乱立。
今回は、竹と低木の常緑樹を中心に間伐しました。
子どもたちも、保護者の方も、楽しみながら、夢中でギコギコと木を伐採。
中にはこんな子も、伐った青竹でコップを作り、麦茶で乾杯。いいなぁ、自由な発想で。

RIMG0048 RIMG0050 RIMG0051

午後の鯉川でのガサガサの様子。
魚採りのプロでもあるリーダーSさんの説明を聞き、子どもたちは網を持ち颯爽と川の中へ。
子どもの森広場に集まってくれる子どもたちは、なんのためらいもなく、川に突入、あきる野っ子はワイルドなんです。
網を手にした子どもたちは、夢中で魚を追いかけておりました。
これが、昨今少なくなったと言われる、川ガキです。
あきる野市には、こんなに頼もしい子どもたちがたくさんいるのです ! 右端の写真には、川オヤジの姿も、こちらも希少です(笑)

RIMG0058 RIMG0056 RIMG0061

あ、今回も当日の段取りと説明に必死で、肝心の皆で捕まえた魚の写真が・・・
が、ほんの数十メートルの川の間に、100匹近い魚や生きものの数々を捕まえました!
※なお、採集した生きものは記録後にリリースしています。

カワムツやアブラハヤ、
サナエトンボを中心としたトンボのヤゴ、
ツチガエル、サワガニ、
ホタルの幼虫の餌になるカワニナなど、
鯉川の水辺には、豊富な生きものが棲んでいることがわかりました。

ただ、残念なことに、
国内移入種のカワムツという魚がたくさん棲んでおり、
外来種のアメリカザリガニもいました。

このままだと、本来この川に生息していたであろう在来の生きものは少なくなりそうです。
来年以降も子どもたちと定期的にガサガサを続けることで、水辺の生きものの増減を把握し、
必要であればなんらかの対策をし、昔ながらの自然が残る鯉川を守っていきたいと思います。

次回9月の活動は、里山での昆虫探しです。
ビーティングに、スゥイーピングなど、色々な昆虫探しのテクニックを駆使して、菅生の里山の昆虫を調べていきます。
今まで出会ったことがないような昆虫に出会えるかも。楽しみです。



長かった梅雨もようやく明けようとしています。
いよいよ夏本番。

菅生の森でも、クワガタやカブトムシ、カミキリムシなど、ちらほら出てきましたよ。
そして、我らが オオムラサキ もそろそろ見られる頃です。

さて、いよいよ始まりました オオムラサキの舞うこどもの森 プロジェクト。

先月、NEC様のCSR活動の皆さま(竹取物語様)のご協力のもと、子どもの森(あきる野菅生の森づくり協議会活動にて整備)の隣接地に、オオムラサキの森(テストエリア)の整備を開始しました !

整備前の森の写真はこちら。鬱蒼としていますね。
IMG_0078 IMG_0077

もともとは雑木林だった場所ですが、
広葉樹に混じり、竹や常緑樹が繁茂しています。
森の空間の多くを、竹と数種の常緑樹が占め、暗くなることで、
生物の多様性のとても低い空間となっています。

そこでまず、オオムラサキなど多様な生きものの住かとなる、本来の雑木林に戻すため、
竹とアオキなどの常緑樹を伐採することにしました。
作業の様子はこちらです。
IMG_0079 IMG_0081

こちらの写真は竹取物語の皆さま。
子どもの森にて休憩中、寛ぎのひとこま。
画像 IMG_0084

竹取物語の皆さまは、菅生地域で長く森林整備ボランティアに携わっておりますエキスパートなのです。

さて、7月の作業を終えた写真がこれ。
あの鬱蒼としていた森が、本来の雑木林に近づき、こんなに綺麗に !
ちょっと感動です。
IMG_2966 IMG_2964 IMG_2967

整備をして頂けました竹取物語の皆さま、本当にありがとうございます。

さて、森にはこんな昆虫も。
クワカミキリ、ウラナミアカシジミ、コオニヤンマ。
森の整備が進むにつれて、益々、たくさんの生きものが見られるようになるでしょう。
IMG_2959 IMG_0076 IMG_2981


引き続き、わたしたちは、このオオムラサキが舞い、こどもたちが自由に遊べる森 作りの仲間を広く募集しております !

自然が大好きで、わたしちたちの想いに、賛同して頂け方をお待ちしております。
一緒に、オオムラサキの舞う森を、生きものと、こどもたちのために、作りましょう!

活動は月に1回、あきる野市菅生子どもの森広場にて、実施しております。
次回の活動は、8月20日日曜日午前10時から、竹取物語の皆さまと一緒に活動します。

参加ご希望、問い合わせのメールは omurasakichild@gmail.com にお願いいたします。

P7120053 P7120097 画像

わたしたち FULL MORIの有志は、このたび、
あきる野市菅生地域に、オオムラサキが舞い、こどもたちが自由に遊べる森を作ろう、というプロジェクトを開始しました。このプロジェクトはあきる野菅生の森づくり協議会事業の「菅生子どもの森の広場」として、大学、企業、行政などの多くの方の力をお借りしています。

菅生地域の里山には数は少ないですが、オオムラサキやホタルが生息しています。
この貴重な自然を、次世代の担い手である、こどもたちに最善の形で引き継いでいくのがわたしたち大人の責任でもあります。
そんな思いでこのプロジェクトを始めました。詳しい趣旨は、メール( omurasakichild@gmail.com )にてお問合わせ頂ければお送りさせて頂きます(とても長文ですが)。


さて、わたしは、FULL MORI にて「菅生こどもの森広場」を担当し、
このオオムラサキプロジェクト推進役の バードドリンカー です。

田舎暮らしに憧れ、ここ草花丘陵に引越してきて早10年、
普段は、この自然豊かな草花丘陵で、こどもたちと遊んだリ、写真を撮ったり、日々の暮らしを楽しんでおります。
ブログ 草花丘陵の生きもの にて、自然に触れることの楽しさを、わたしなりにお伝えしております。

さて最近、ふと思うのです、こんなに私たちを幸せにしてくれる、この地域の自然に、何か、恩返しできることはないかと。

そんなおり、わたしは、FULL MORIの理事長 浅原 俊宏さんに、菅生の里山で出会いました。
わたしの想いをぶつけると、それなら、自然で遊ぶこどもたち、を育てるプログラムを一緒に作りましょうと、仲間に加えて頂きました。

こどもの森のプログラムを担当させて頂き、日々、菅生の自然とこどもの教育に思いをめぐらしました。
わたしなりの答えが、菅生の里山にオオムラサキの舞うこどもの森を作る というプロジェクトです。

このプロジェクトは、始まったばかりです。
同じ志のある皆様の協力がなければ、進めることはできません。

先月6月、日本電気株式会社(NEC)様ののCSR活動の皆さま(竹取物語様)のご協力を得て、こどもの森の隣接地に、オオムラサキが繁殖できる森(テストエリア)の整備を開始できました。

わたしたちは、このオオムラサキが舞い、こどもたちが自由に遊べる森 作りの仲間を広く募集しております !

自然が大好きで、わたしちたちの想いに、賛同して頂ける方をお待ちしております。
一緒に、オオムラサキの舞う森を、生きものとこどもたちのために、作りましょう!

参加ご希望、問い合わせのメールは omurasakichild@gmail.com にお願いいたします。

活動は月に1回、あきる野市菅生こどもの森広場にて、実施しております。
活動日は、このブログにて事前にお知らせいたします。

森づくりだけでなく、参加した皆さんに楽しんで頂ける 食の企画 などもしてきたいです。

では、今回はこのあたりで。