本日 34 人 - 昨日 60 人 - 累計 94414 人
RSS

里山リフレッシュツアー報告


9月13日に里山リフレッシュツアーを行いました。
途中小雨がパラついたりもしたが最後まで何とか持ってくれました。ピーカンよりはよかったのかもです。

さて、流れですが……

まず、若宮の森へ行き、「〇丸い物と□四角い物をみつけよう」というお題で辺りを探す遊びをしました。
あたりをよくよく見て、みんなお題のものばかりでなく色々発見してきました。キリギリスの仲間やコカマキリ、ハチの巣、キノコなどなど。
みんなが見つけてきたのは、まーるい傘のキノコ。花の蕾が丸い。丸い草の実。虫の食べ跡が丸い。などでしたが、
四角い物もの見つけられませんでした。なぜでしょう?……答えはわかりません。でも不思議ですね。

若宮の森の後は、クリ拾いです。初めてクリ拾いをする人もいました。
虫の入ったくりを拾わないように注意しながら、両方の靴でイガを押し広げてクリを出しやすくして拾いました。
だんだん上手に拾えるようになり、あとで数えてみたら全部で1108個もありました。

目的地まで行く間に子ども達を誘惑する物がいっぱいあって、道草ばーかっり喰って、ちっとも前に進まないのがちょっと困りましたが、これはしょうがないですね。何にも興味を示さないとこれまた困ったことですからね。
子どもも大人も道草を楽しんで歩きました。


午後はアートセラピーを行いました。
テーマは大人は「宇宙人とまわりの環境(どんな所にいるのか)」、子どもは「家と木」でした。

急に宇宙人なんて言われても……なかなかすぐに描けるものではないよなあ~なんて思っていると、あらら、みんな結構すらすらと描いているではないですか。
何とか描けたら、発表会です。発表するにあたり5つの項目があたえられました。
1.場所 2.目的 3.能力=性格 4.仲間がいるかいないか 5.危険に会った時どうするか

冷蔵庫の中の宇宙人。今の地球は良く無い事が多いからそれを伝えに来てくれる宇宙人。仲間いなく地球の方を見ている宇宙人など色々な宇宙人が出てきて、一つとして同じものはありませんでした。
ただ、5項目の危険会った時はどうするかでは、逃げる・小さく爆発する(自爆?)など戦う宇宙人はひとつもなかったのが一致した点でした。

アートセラピーは1時間ほどで終わり、残りの時間で子ども達は、縄跳びをしたり鬼ごっこをしたり体を思いっきり動かしました。
おやつはみんなで拾ってきたクリ。茹でたてのホクホクして甘いクリをおなかいっぱい食べました。おみやげもたくさんのクリです!!

参加者からは、自然の中でのびのびとして楽しかった。空気が美味しかった。普段見られない植物にふれてよかった。
描画について、子どもも大人も参加できてよかった。書くのが大変だったけど実際やってみると案外楽しかった
などの声をいただきました。

参加されたみなさん、ありがとうございました!
次回は1月9日(日)に開催予定です。

若宮の森へさんぽ森で見つけたもの栗拾い栗拾い2大収穫アートセラピー宇宙人宇宙人2宇宙人3宇宙人4おやつの栗


あきる野菅生の森づくり協議会活動報告
⚫緑の再生ワークショップ
⚫協議会ハウスのリフォーム


ふるさとの森づくりセンターが事務局を担当しているあきる野菅生の森づくり協議会の活動報告です。
同じく協議会メンバーの西多摩マウンテンバイク友の会で報告していただいています。

緑の再生ワークショップ(西多摩マウンテンバイク友の会HP)

協議会ハウスのリフォーム(西多摩マウンテンバイク友の会HP)

共に活動する西多摩マウンテンバイク友の会のホームページに、羽村草花丘陵大澄山での整備活動の報告をあげていただいています。

羽村草花丘陵大澄山での整備活動は、企画、整備場所や整備内容の調整をふるさとの森づくりセンターで行い、西多摩マウンテンバイク友の会が中心となって整備を進めています。

西多摩マウンテンバイク友の会HP