本日 35 人 - 昨日 60 人 - 累計 94415 人
RSS
8月2日

長い長い梅雨が明け、絶好の自然の学校の活動日となりました。今年は新型コロナウイルスの影響で感染予防のためマスクして集合です。コロナ禍で学校の行事も次々と中止になってしまい、自然の学校を楽しみにしていた子どもたちの笑顔がはじけました。

2月にみんなで集めた落葉だめの観察です。みんな順番にクワやスコップで掘り起こし、土と葉っぱを混ぜていきます。待っている子は落葉だめをじっくり観察。冬に落葉をたくさん入れて、みんなで踏んで固めて満タンだったのに、いまは半分くらいの量になりました。どうしてだろう? みんなで考えました。「落葉が土になったから!」落葉は深く掘ると、どんどん土になっていきます。「どうして天地を入れ替えるのでしょうか?」またみんなで考えました。「いい堆肥ができるようにかな…」天地を返すと落葉だめの中が均一になり、良い堆肥ができるようです。
IMG_5336IMG_5338IMG_5339IMG_5341IMG_5344IMG_5349

落葉だめでは大きな虫がみつからなかったので、虫好きの子どもたちはちょっと物足りません。みんなで栗林に虫探しに出かけました。
さっそくトノサマバッタを見つけました! カメムシの仲間も発見。ベースキャンプ脇の栗の木にきらきらしたヤマトタマムシも発見! 校長がはしごを使って捕まえてくれてみんなで観察しました。
IMG_5354IMG_5356IMG_5358

午後は、お待ちかねの川遊びです!
今年は学校のプールもなかったので、子どもたちの意気込みは例年とだいぶ違います。

アミを手に川へザブザブ入ります。
石をひっくり返したり、川岸とガサガサ探ったりとみんな工夫して生き物を探します。ゴーグルをして川に潜って探す子もいました。
IMG_5359IMG_5361IMG_5362IMG_5364IMG_5368IMG_5367

サカナや生き物がとれたら、水槽に入れて観察です。同じような生き物でも、違う種類のものがいます。エビでも、スジエビやヌカエビ。ヤゴも色々、カワトンボ、コオニヤンマ、ハグロトンボ。大きさや形、色や模様が違います。他にやアブラハヤやカワムツ、ホトケドジョウ、ツチガエルも見つけました。

生き物たちを川へ帰したら、おやつを兼ねたスイカ割りです! みんなはりきってチャレンジしました。今年は上手く当たってもきれいにスイカが割れませんでした。その場で切り分けて、いただきま~す。校長の畑でとれた菅生のスイカです。「すごく甘くておいしい!」味は格別でした!
IMG_5380IMG_5387


○例会の流れ○
9:32 秋川駅
10:20 菅生の畑着
10:30 あいさつと注意事項
10:40 落葉だめ天地返し
    虫さがし
12:00 お昼
13:00 川遊び、がさがさ
14:30 スイカ割り大会、おやつ
16:00 終了 現地発


栗拾い体験とコラージュづくりで気分転換

秋のリフレッシュツアーを開催します。
大好評の菅生の森で秋の味覚栗拾いと、コラージュづくりの作業を通じて心理学的に心を耕します。
親子で一日楽しめる企画です。もちろんお一人やお友達との参加も大歓迎。
心も体もリフレッシュしましょう!


日 時  9月13日(日)
     10時~16時 (雨天実施、荒天中止)
場 所  変更になっていますのでご注意ください。
菅生会館(あきる野市菅生1310、駐車場あり)
       (バス:秋川駅から菅生高校経由小作駅西口行、または、小作駅から菅生高校経由秋川駅西口行 菅生下車目の前)
参加費  大人2000円 子ども 500円
持ち物  昼食、飲み物、雨具、ビニール袋(おみやげ用)等
      ※活動しやすい服装でお越し下さい。
★申込み
参加者全員の氏名、住所、電話番号を問い合わせフォームからお知らせください。
★申込締め切り
9月10日(木)

IMG_1521 IMG_1529_shusei IMG_1532

2月23日

今季最後の自然の学校です。
前日は強い風が吹き、例年より早い春一番が観測されたのですが、
一転して風もなく暖かな陽気です。
今日も菅生の畑に11人の元気な子どもたちが集合しました。
IMG_5141

今日は作業が盛りだくさん。落葉だめの天地返し、炭づくり、
ひらたけのコマ打ち、ジャガイモの植え付け、大根の収穫・
そして最後にはお楽しみのたき火おやつが待っています!
校長からのお話と、リーダーからの注意事項を良く聞いたら、
さっそく落葉だめに集まりました。カブトムシの幼虫がどのくらいいるか調べます。

落葉だめの中に交替で入り、軍手とシャベルでどんどん掘ります。
ミミズや小さな虫は見つかりますが、カブトムシは出てきません。
あきらめかけたころ、ようやく見つけました!
貴重な今年のカブトムシをみんな手のひらに乗せて観察。
重さは20グラムとそんなに大きくはないですが、元気に動きます。
IMG_5147IMG_5146IMG_5145IMG_5144IMG_5143

堆肥にカブトムシを帰してあげたら、次は落葉集めです。
踏むととても痛い栗のイガに注意して、落葉をたくさん集めます。
IMG_5153IMG_5152IMG_5151IMG_5150IMG_5149IMG_5148
その合い間に「炭づくり」の材料もいっしょに探しましょう。
それぞれ持ってきたふた付きの缶に、拾った色々なものを入れ、
たき火で蒸し焼きにします。
まつぼっくり、落葉、銀杏、栗の実、イガ、笹の葉、樹の枝、コケ等・
缶の大きさも色々。好きなものを入れたら、フタに穴をあけてもらい、
しっかり針金で封をします。どんな炭ができるかお楽しみ。
IMG_5161IMG_5160IMG_5159IMG_5158IMG_5155

落葉もたくさんあつめて、落葉だめもいっぱいになったので、
お昼ごはんの前におやつの準備もします。
今年もみんなさまざまなものを持ち寄りました。
サツマイモだけでなく、じゃがいも、そら豆、リンゴ、バナナ・
湿らせた新聞紙を巻きつけて、アルミホイルでしっかり包みます。
よい熾き火になっているところに入れ、おやつを待ちましょう。
IMG_5170IMG_5168
少しお昼をまわりましたが、めいめい持ってきたお弁当でお昼ごはんです。
ここで校長から差し入れがありました!
揚げたてふきのとうの天ぷら、自家製キムチと梅干しです。
ふきのとうの天ぷらはちょっと苦いけど春の味。
おいしいと大評判で、あっというまになくなりました。
キムチは辛いけどみんなちょっとずつチャレンジ。
気に入ってどんどん食べてる辛いもの好きの子もいました。
IMG_5171

午後はキノコのコマ打ちです。原木に電動ドリルで穴をあけ、
キノコの菌糸が入ったコマを木槌で打ち込みます。
電動ドリルはカッコイイのでやってみたいけど、
重いので持ち上げるのが難しい子は、リーダーに支えてもらって、
やってみます。出来た!と嬉しそう。みんな上手です。
今年はいつもの菌糸のコマを打ち込むほかに、
菌糸を丸太でサンドイッチする形のキノコ原木も作ります。
校長が作ってくれたおがくずと米ぬか入りの菌糸を、丸太に盛ります。
はみ出しすぎないように、量がむずかしい。
これも頑張りました。
一年かけて、原木の栄養を使ってキノコが育っていきます。
美味しいヒラタケが大きく育つといいですね。
IMG_5168IMG_5194IMG_5191IMG_5189IMG_5188IMG_5187IMG_5186IMG_5185IMG_5184IMG_5183IMG_5173

お次はジャガイモの植え付けです。
いつもは種イモを切ったり、切り口に灰をつけたりして植えますが、
今年はリーダー達が下準備をしてくれていました。
みんなで畑にならんでイモを植えます。
やさしく土をかぶせたらこれも秋のお楽しみ。
IMG_5199IMG_5198

もうおなかがペコペコです。はやくおやつが食べたい!
ちょうどよくたき火で焼き上がっていました。
そして午前中に入れておいた炭もできているころ。
まずは炭から開けましょう。缶が冷えた人からフタを開けると・
すごい! 木や松ぼっくりがそのままのカタチで炭になっています。
素材によってはもろくて、持つとすぐに崩れてしまうものもありますが、
そのまま置物に出来そうなほどキレイです。
IMG_5211IMG_5204IMG_5203IMG_5208IMG_5196IMG_5195

続けてアルミホイルを開封! 焼き芋焼きリンゴをいただきます!
熱い! 美味しい! みんな夢中で頬張りました。
最後にはたき火を惜しみながら恒例のマシュマロをあぶって食べます。
あっというまに焦げてしまうので、タイミングが難しいのです。
楽しい時間は早く過ぎます。
IMG_5213IMG_5212

今日の活動は終了。2019年度の自然の学校も終業です。
一年活動した子ども達への記念品は、
毎回「自然の学校ニュース」の表紙を描いてくれている
ジュニアリーダーデザインの4月始まりカレンダー。
イラストはカラーで、自然の学校の日にチェックが入っています。
来期もまた、菅生の里山で元気に会いましょう。
IMG_5217

新型コロナウイルスの影響で、4月例会は中止となりました。
次回は6月21日(日)です。ホタルキャンプの予定でしたが、今年は泊まりは取りやめ、日中の活動のみを行います。ジャガイモを収穫します!

自然の学校は新規メンバーを募集中です。
2020年度の年間活動予定は以下の通りです。
今後の状況により、予定は変更することがあります。
詳しくは問い合わせフォームよりご連絡ください。

6月21日 ジャガイモ掘り
8月2日  虫探し、落ち葉だめ天地返し、川遊び
10月25日 秋の里山散策、さつまいも収穫 
12月20日 お餅つき、しめ縄飾りづくり
2021年
2月28日 たき火、落ち葉だめづくり

講座 あきる野の里山ワークショップ のご案内
~東京の里山 あきる野市菅生の森と人づくり&里山クラフト体験~ 

2020年3月8日(日)、港区立エコプラザ様 1F Searching Roomにて標題のワークショップを開催いたします。東京の里山の魅力と私たちの里山での活動をご紹介するとともに、二つのクラフト(里山の植物コラージュ&檜のキーホルダーづくり)を体験して頂くことで、里山と触れ合うことの楽しさや保全することの大事さをより多くの皆さまにお伝えできればと思います。

詳しくは、下記の港区立エコプラザ様のホームページを是非ご覧ください。
https://minato-ecoplaza.net/eco-event/campus/200308-akiruno/

XB240104_RS3 IMG_0070_RS3

12月15日

気がつけば令和元年も残すところあと半月となったこの日、朝は風が強くて寒いかな・・と思っていましたが、次第に気温も上がり穏やかな絶好のもちつき日和となりました。

今年は幼児さん親子の参加も多く、参加した子どもは約30人。
みんな元気に走り回ったりとエネルギーは満タン。毎年お手伝いくださるNECの竹取物語さん達が炊き上げるもち米をつくのを今か今かと待ちかねていました。
IMG_4953IMG_4954

まずはアツアツのつきたておもちをちぎって粉を敷いた板の上で丸もちを作ります。
手にしっかり粉をまぶして冷めないうち両手を丸くして形を作ります。
初めてつきたてのおもちに触る子は、粘土とは違う手触りに戸惑いながらも真剣。
きれいに丸く形を整えるのは難しいのですが、リーダーにやり方を教えてもらいながら一生懸命作ります。
『もっと作りたい〜』とのリクエストにつき手がなかなか追いつかず。
IMG_4958IMG_4960IMG_4957IMG_4971IMG_5006IMG_5014IMG_5019IMG_5030IMG_5034

丸もちを作っているうちにお腹も空いてきて、今度は『早く食べたい〜』
用意した辛み、きな粉、あんこ、納豆、キムチ、醤油にもちをからめるそばから
みんなのお腹へ入って行きます。
校長手作りのたくあんや温かくて美味しいキノコ汁もあって、箸も進みます。
IMG_5054IMG_5058

お腹がいっぱいになったら、今年もしめ縄つくり。
毎年先生として来てくださる野口さんがいつも丁寧に指導してくれます。
ジュニアリーダー達もあちこちでお手伝い。
今はスーパーやどこでも気軽にお飾りが手に入りますが、夢中になって自分で作ったお飾りはより一層、新しい年に福を呼びそうな気がしたりして。
IMG_5071IMG_5072IMG_5074IMG_5077IMG_5080IMG_5085IMG_5082

台風や天候不順も多かった今年ですが、一年の締めくくりは穏やかな良い一日となりました。
皆さまも良いお歳を。


次回は2月23日。
寒さに負けず、また多くのお子さんにお会いできるのを楽しみにしています。

前のページ
次のページ